エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シュレーディンガーの猫が、なぜ、パラドックスと言われるのか?

シュレーディンガーの猫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%8C%AB

シュレーディンガーの猫が、なぜ、パラドックスと言われるのか、私には理解できない。箱の中の猫が、死んでいるか、生きているか、一定時間後に蓋を開けなければ分からない。それ以前には、50%の確率で、生きている状態と、死んでいる状態の重ね合わせの状態であり、一定時間後に蓋を開けなければ、どちらか分からないことが、なぜ、パラドックスなのか? 

たとえば、表と裏が重ね合わせの状態で存在するコインを、中の見えない箱に入れ一定時間、上下左右に十分振った後、箱を机の上に置き、蓋を開けなければ、コインの表か裏か分からないことは、日常生活でも確認できることである(ほぼ確率50%)。これの、どこがパラドックスなのか理解できない。同じ意味合いの事柄だとしか思えない。

ただし、蓋を開けた時、コインが立ってたら、私が笑う確率は100%近い。

追記;こういうのがあった。

シュレーディンガーの猫
https://www.youtube.com/watch?v=Q8savTZOzY0

コメント欄に少数であるが、ほぼ同じ考えの人も存在する。おかちんさん、shohei61131さんなど…。
むかし日本茶掲示板でも、同じようなことを書いたような気がしないでもない。

///////////////以下は、別バージョン/////////////

少数派の正しさ

たしか、湯川秀樹だったと思うが、学問の真偽は、多数派が決めるものではなく、少数派の説の正しさが検証されて広まり、一般化することが良くあるという趣旨のことを、何かで述べていたように思う。

ところで、思考実験であるシュレーディンガーの猫が、なぜ、パラドックスと言えるのか? 今のところ、パラドックスと考えるのが多数派で、パラドックスとは言えないというのが、少数派だと思うが、私は少数派の、パラドックスとは言えないという立場である。これから、その少数派の正しさを説明したいと思う。

ウィキペディアを見ると、シュレーディンガーの猫の思考実験概要が、載っている。

それによると、「まず、蓋(ふた)のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウン ターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れておく。もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死ぬ。しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。一定時間経過後、果たして猫は生きているか死んでいるか。
この系において、猫の生死はアルファ粒子が出たかどうかのみにより決定すると仮定する。そして、アルファ粒子は原子核のアルファ崩壊にともなって放出される。このとき、例えば箱に入れたラジウムが1時間以内にアルファ崩壊してアルファ粒子が放出される確率は50%だとする。この箱の蓋を閉めてから1時間後に蓋を開けて観測したとき、猫が生きている確率は50%、死んでいる確率も50%である。したがって、この猫は、生きている状態と死んでいる状態が1:1で重なりあっていると解釈しなければならない。」という事なのだが、

たとえば、ここで別に、こういう思考実験を考えよう。表と裏が重ね合わせの状態で存在するコインを、蓋の付いた中の見えない箱に入れ、一時間、上下左右に十分振った直後、箱を机の上に置き、蓋を開けて見なければ、コインが表か裏か分からないことは、日常生活でも確認できることである(ほぼ確率50%)。これの、どこがパラドックスなのか理解できない。猫の思考実験と同じ意味合いの思考実験だとしか考えられない。箱を上下左右に振っている間は、コインが表と確定したわけでもないし、また、裏と確定したわけでもない。 コインは表と裏が重なり合っているだけである。

まぁ、こういうのを、弘法も筆の誤り、また、21世紀の今日(こんにち)においては、シュレーディンガーも猫の誤り、というのである。ただし、蓋を開けた時、コインが立ってたら、私が笑う確率は、100%近いと思う。
スポンサーサイト
科学・技術 | トラックバック:0 |

福島原発事故

 私は、2007年の段階で、「原子炉等の完全地下化」が望ましいという事を、下記引用のように述べているが、実は、同様の事を、原子力安全・保安院のサイトにも、パブリックコメントとして、意見している。しかしながら、それが、まったく役立てられず、今回のような事故になり、残念に思っている。

原子力安全・保安院
http://www.nisa.meti.go.jp/index.html

 地下数十メートルほどに、完全密封が可能なように、原子力発電所を造れば、たとえ30メートル以上の津波でも、津波が来た時に完全密封すれば、原理的には原子力潜水艦が潜水しているのと同じ事なのだから、あとは、耐震性や強度を十分にすれば、ほとんど問題は存在しない。しかも、地下の方が地震には強いとも言われているのだから、尚更であろう。

 上記のような安全対策の他の対策も、重ねて実施すれば、核攻撃されない限り安全性が保たれるものと考えている(核攻撃された場合は、その方が、原発事故より、周辺への悪影響は大きいので、そこまで想定する必要はない)。

 しかし、今回の事故で、原子力発電に対する世論が、どうなるか分からない。

****************************************

原子炉等の完全地下化(2007-03-24 Sat 00:22)

 最近、ある原子力発電所における臨界事故の隠蔽が明らかになった。その他にも臨界事故だったのではないかという事案が取沙汰されている。以前、他の掲示板などにも投稿したことがあるのだが、原子力発電所の原子炉等は、完全に地下化するべきだと考えている。

 エネルギー資源の乏しい我が国にとって、原子力発電所を無くすわけにはいかないが、だからと言って、安全性を無視することもできない。では、どうするべきかを考えた時、原子力発電所の原子炉等の完全地下化は、有力な案だと思う。

 地表から何十メートルかの完全な地下に原子炉等があれば、万が一の大きな事故でも、放射性物質による地表への汚染は、最小限に食い止められるし、また、地表からのテロ攻撃に対しても、防御は堅固であると考えるからである。

 その他に、ホンダやトヨタなどで製造しているヒューマノイド(人型)・ロボットを使用して、原子力発電所内における危険な仕事を、遠隔操作で行えるようになれば、原子力発電所内での死亡事故等も、可能な限り、少なくできるのではないかとも考えている。

http://sasaki01.blog38.fc2.com/blog-entry-40.html
科学・技術 | トラックバック:0 |

超新星爆発時に放出される、ニュートリノの速度は、ほぼ光速

地球から16.4万光年離れた、超新星SN1987Aの可視光による観測とニュートリノ観測との間で、地球における観測時刻の差が、ほとんど無いことから、超新星爆発時に放出される、ニュートリノの速度は、ほぼ光速だと言える。しかも、そのニュートリノには、質量のあることも観測で確認されている。

SN 1987A
http://ja.wikipedia.org/wiki/SN_1987A
ニュートリノ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8E
葛飾区郷土と天文の博物館-かつしか天文セミナー
http://www.city.katsushika.lg.jp/museum/semi006.html
時間の進み方が変化する !?
http://sasaki01.blog38.fc2.com/blog-entry-18.html
科学・技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

創造的開発

いま我々が使っているパソコンの基本概念は、1970年頃に、嶋正利氏が考えた電卓(ハード)のプログラム(ソフト)を入れ替えることで色々な機能を持たせるという〝思想〟が、基に成っていると言って差し支えないでしょう。その後、嶋正利氏が中心になり、世界初のマイクロプロセッサー「4004」が生み出され、現在に至っているわけです。

実際、このように、多くの創造的な業績には、その根底に、優れて思想的なものが存在していると私は考えています。また、逆に言うと、そのような〝思想〟がなければ、優れた創造的な業績を生み出すことは、困難でしょう。

「創造的開発においては,思想と個性を持たさないアイデアをそのまま実現したり,受身で得た知識としての技術をそのまま使って実現したりしたのでは必ず失敗する。」(嶋正利氏談、下記URL参照)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20061004/249874/

上記は、嶋正利氏の言葉です。実は、「4004」発明当時、すでに大型コンピュータは存在していたのですが、本当に一部の研究機関などでしか保有できない大変に高価なものだったのです。しかし、「嶋正利氏が考えた電卓(ハード)のプログラム(ソフト)を入れ替えることで色々な機能を持たせるという〝思想〟」から、非常に安価な世界初のマイクロプロセッサー「4004」が生み出され、今日、我々の机の上にもパソコンが普通に見られるように、一般化していきます。

ご存知のように、マイクロプロセッサーは、飛躍的に発展しました。また、コンピュータ・ソフト産業も、興隆し、飛躍的な発展を遂げます。私の場合、マイクロプロセッサーなどの技術的問題については、あまり関心がないのですが、その技術が社会に及ぼした影響については、大きな関心を抱いています。この社会への影響の大きさから見て、やはり、偉大な創造的業績だと考えます。

ちなみに、私の経験から言って、このような創造的業績を生み出す為には、人の努力ではなく、鬼のような努力が要求されます。

嶋正利 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B6%8B%E6%AD%A3%E5%88%A9
科学・技術 | コメント:12 | トラックバック:0 |

梅田望夫、『ウェブ進化論』 & 池田信夫、『過剰と破壊の経済学』

最近、続けて、梅田望夫=著、『ウェブ進化論』(ちくま新書)と、池田信夫=著、『過剰と破壊の経済学』(アスキー新書)を読んだ。いまや、パソコンの性能は、初期の大型コンピュータ以上となり、価格は桁違いに安くなると共に、インターネットの普及もあり、地球上の不特定多数の人々が、簡単に意思の疎通ができるようになった。

そのパソコンが、普及する先駆けとなる、世界で始めてのマイクロプロセッサー「4004」の開発に嶋正利さんが関わったことに、池田さんの著書は言及していますが、梅田さんの著書では、まったく触れられていないというのは、どういうことなんだろうと疑問に思いました(知らないはずはないと思いますので…)。

また、梅田さんの著書には、インターネットが普及し始めて、はじめの10年間は何も変わらなかったという記述がありますが、それは限られたビジネスの分野では何も変わらなかったということでしょう。

実際には、その間、日本の世論は激変したと言っても過言ではありません。一世を風靡した、共産主義および社会主義思想が、インターネット上のあちこちで行われた議論によって論破され、ほとんど影響力を失うまで退潮したのは、この10年間のことです(私自身、反共産主義の立場で議論してきました)。

ただし、梅田さんが言うように、ビジネスでの大きな変化は、これからでしょう。また、ビジネスだけではなく、学問や芸術の世界など、その他あらゆる分野で、パソコンとインターネットの普及および、その関連技術の進歩の影響が、非常に大きな可能性を有しているというのは、間違いないことだと思っています。

池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/
梅田望夫 My Life Between Silicon Valley and Japan
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/
科学・技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

原子炉等の完全地下化

 最近、ある原子力発電所における臨界事故の隠蔽が明らかになった。その他にも臨界事故だったのではないかという事案が取沙汰されている。以前、他の掲示板などにも投稿したことがあるのだが、原子力発電所の原子炉等は、完全に地下化するべきだと考えている。

 エネルギー資源の乏しい我が国にとって、原子力発電所を無くすわけにはいかないが、だからと言って、安全性を無視することもできない。では、どうするべきかを考えた時、原子力発電所の原子炉等の完全地下化は、有力な案だと思う。

 地表から何十メートルかの完全な地下に原子炉等があれば、万が一の大きな事故でも、放射性物質による地表への汚染は、最小限に食い止められるし、また、地表からのテロ攻撃に対しても、防御は堅固であると考えるからである。

 その他に、ホンダやトヨタなどで製造しているヒューマノイド(人型)・ロボットを使用して、原子力発電所内における危険な仕事を、遠隔操作で行えるようになれば、原子力発電所内での死亡事故等も、可能な限り、少なくできるのではないかとも考えている。
科学・技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

EPRパラドックス&ベルの不等式

EPRパラドックスからベルの不等式へ(要・アクロバットリーダー)/清水明
http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/lecture_note/kstext04_ohp.pdf

EPRパラドックス (ベルの不等式) の検証/齋藤孝明
http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/saito/epr/epr1.html
科学・技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

時間の進み方が変化する !?

以前、日本茶掲示板にて、「アインシュタインによれば、物体の速度が光速に近づくと、その物体の時間の進み方が変化する」と、幾人かが議論していた。

そこで、速度が光速に近い場合は、どうなるのか? と聞いてみた。

すると、地球を飛び立ち、光速の99%で進む宇宙船の場合、宇宙船内で1秒立つと地球上では7秒経過するという答えと、同様に、地球を飛び立ち、光速の99%で進む宇宙船の場合、宇宙船内で1/7秒立つと地球上では1秒経過しているという、二つの答えが返ってきた。

では、光速の100%で進む、光自身にとって、時間は、どうなるのか? と聞いてみた。

アポロ計画で、地球から平均約38万㎞離れている月面に反射器を設置し、それに地球上からレーザー光(秒速約30万㎞)を照射して、正確な距離を測る実験が行われたことがあったが、この実験に当て嵌めると、どうなるのか? と聞いたのである。

だが、誰も、答えてくれなかった…。

ちなみに、質量の有ることが実験的に確認されたというニュートリノが、筑波から約250km離れたカミオカンデまで到達するのに、およそ1000分の1秒かかるそうだが、それが確かだとすると、秒速約25万kmで、光速の約83%ということになる。

さて、この場合、相対性理論的に、時間は、どうなるのか?

〔注〕 上記は、下記サイト(URL)から転載し、加筆したもの。
「随 想 録」
http://www1.odn.ne.jp/~cak23720/essay-page.html


追記;「交換価値と労働価値説」のところでも述べましたが、その理論(言説)自体に整合性があるか、さらに、その理論(言説)と現実(実験結果などを含む)に整合性はあるか、という少なくとも二つの観点から、物事を見るべきでしょう。相対性理論には、その理論自体の整合性と、理論と現実との整合性の、双方に問題があると思わざるを得ません。

超新星爆発時に放出される、ニュートリノの速度は、ほぼ光速
http://sasaki01.blog38.fc2.com/blog-entry-75.html
科学・技術 | コメント:30 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。