エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

モーツァルト生誕250周年に、ちなんで

以下は、井上和雄=著、『ベートーヴェン 闘いの軌跡』、音楽之友社、昭和63年、34p~36pからの抜粋引用です。

 たとえばベートーヴェンの少年時代の憧れの的は何といってもモーツァルトだったように思える。ベートーヴェンがハイドンに師事すべくボンを旅立ったとき、すでに友人の一人になっていたワルトシュタイン伯が、次のような文をベートーヴェンに贈っているからである。

『親愛なるベートーヴェン
 今日ウィーンへ旅立つ君は、長い間心に抱き続けた夢をまさに果さんとしているのです。モーツァルトのさ迷える守護霊は、彼が逝ってしまった事を未だに嘆き悲しんでいます。かの守護霊は、汲めども尽きぬハイドンに避難所を見出しても、己が宿を見出せず、どこか永住の地を探し求めているのです。しっかり励んで下さい。さすればモーツァルトの守護霊は、ハイドンの手から君のもとにやって来るでしょう。
      君の変わらぬ友 ワルトシュタイン
                 一七九二年十月二十六日ボンにて』

 多感な十代後半を共にすごしたワルトシュタインのこの文章は、彼等がモーツァルトを最高の音楽家と考えていたことを示唆している。実際次にみる第三番のニ長調の第一楽章などベートーヴェンが文字通り天才的な感受性でもってモーツァルトを受けとめていたことを示している。
 そしてこれも有名な話だが、ベートーヴェン自身、モーツァルトに師事しようとして、十六歳の春に実際にモーツァルトに会っている。彼がボンの宮廷第二オルガニストとして仕えていたマキシミリアン・フランツ侯が一七八七年、ベートーヴェンをモーツァルトのもとに派遣したのである。ベートーヴェンも十六歳の少年であれば、心をたかぶらせてモーツァルトの前に出たにちがいない。しかもそのときルートヴィヒ少年は、モーツァルトの与えた半音階のテーマをもとに見事な即興演奏をして、「この男に注意したまえ、いつか世間でさらに評判になるだろう」というモーツァルトの言葉を得たのである。

上記、引用のような、「フィガロの結婚」成功後の31歳のモーツァルトと、傑作を生み出す前の16歳の少年ベートーヴェンとの、劇的な出会い。才能というものは、時に、このようにして触発されるものなのでしょう。ちなみに、ベートーヴェンの書斎には、生涯、モーツァルトの肖像画が飾られていたとか…。
スポンサーサイト
音楽・美術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

耐震偽装建築の再発防止

分譲マンションの新築時に、損害保険加入を義務付け、その損害保険会社(地震等の災害時には保険金を支払う立場)による、厳重な建築確認検査に合格しなければ、販売できないとか、さらには、マンション購入資金を融資する銀行等の建築確認検査も合格しなければならないとか(担保物権の価値確認)、今現在、いろいろ検討されているようです。

その他、不特定多数の人が利用するホテルや、賃貸マンション、そして一戸建て住宅なども、同様に、防止策を検討するべきだと思います。いずれにしろ、建築の専門家ではない購入者個人では、検査しようがないのは確かでしょう。
歴史・社会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

労働価値説批判

労働価値説批判/投稿者:山
http://f31.aaa.livedoor.jp/~jcpw/roukati.html

以前、紹介した、ウィキペディアの、価値の項目の労働価値説も、参照して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%A1%E5%80%A4
政治・経済 | コメント:0 | トラックバック:0 |

EPRパラドックス&ベルの不等式

EPRパラドックスからベルの不等式へ(要・アクロバットリーダー)/清水明
http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/lecture_note/kstext04_ohp.pdf

EPRパラドックス (ベルの不等式) の検証/齋藤孝明
http://nucl.phys.s.u-tokyo.ac.jp/saito/epr/epr1.html
科学・技術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

姉妹ブログ

萬(よろず)の事ども
http://blog.so-net.ne.jp/sasaki-hiroshi/

ノート代わりに、姉妹ブログを作りました。
その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

読書

読書するにも、気力とでも言うべきものが必要だと思われる。今は、サルトルの『存在と無』や、ヘーゲルの『精神現象学』などを読んでいる途中だが、最近、ほとんど読み進められない。他にも、読まなければならないと思っている本が数冊ほど有るのだが、いつになったら読み終えることができるのやら…。気力が充実しているような時は、暇が有れば、ずっと本を読んでいても何ともないのだが、最近は、読んでいると、すぐ疲れてしまう。困ったものだ。
その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |

「知財立国」つづき

前回は皮肉なことも言ったが、ようやく日本政府が立てた、「知財立国」という戦略は、間違いではない(小泉首相の発案だとも聞いている)。問題は、その戦略を実現できるか、ということなのである。いままでは、自国民の独創的な業績を、全く評価できなかった事例が、いくつもある。「知財立国」という戦略を立てながら、自国民の独創的な業績すら、他国の企業などに、その権利を保有されてしまうようでは、お話にならない。

同じ誤りを繰り返さないようにする為には、どうすれば良いのか。他国の企業および研究機関等より、少しでも早く、自国さらには、できれば外国の独創的な業績をも、先に見い出せるようでなければならない(そして自国のものとするべきなのである)。また、その為にも、独創的な仕事には、大きな価値があるということを、日本社会に共通認識として普及させ、そのような仕事を尊重する必要がある。さらには独創的な仕事を評価できる、見る目を持った人材を育成する必要もある。

たとえば、独創的な仕事を評価するという意味では、あれほどニュースになった中村修二氏の高輝度青色発光ダイオードの発明に対して、当初、お年玉程度の報奨金しか払われなかったというのは、その企業経営者に全く国益という考えが無かったからだと思われる。

国益という観点から見た場合、数十年に一度と言われる発明や開発をしても、お年玉程度の評価しかないのなら、これからの日本の若い優秀な技術者や研究者は、そのような日本企業に勤めたいとは思わなくなり、すすんで外国企業や外国の研究機関を選ぶようになってしまうのは当然であろう。また、お年玉程度なら、開発や発明の努力をするだけ損であるという風潮が生まれ、日本の将来の、国益を損なうことも確かであろう。この程度のことは、国益という観点さえあれば、誰にでも理解できることである。

週刊!木村剛 powered by ココログ: [ゴーログ]なぜノーベル賞の前に評価しないのか?
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-a0a8.html
歴史・社会 | コメント:0 | トラックバック:0 |

時間の進み方が変化する !?

以前、日本茶掲示板にて、「アインシュタインによれば、物体の速度が光速に近づくと、その物体の時間の進み方が変化する」と、幾人かが議論していた。

そこで、速度が光速に近い場合は、どうなるのか? と聞いてみた。

すると、地球を飛び立ち、光速の99%で進む宇宙船の場合、宇宙船内で1秒立つと地球上では7秒経過するという答えと、同様に、地球を飛び立ち、光速の99%で進む宇宙船の場合、宇宙船内で1/7秒立つと地球上では1秒経過しているという、二つの答えが返ってきた。

では、光速の100%で進む、光自身にとって、時間は、どうなるのか? と聞いてみた。

アポロ計画で、地球から平均約38万㎞離れている月面に反射器を設置し、それに地球上からレーザー光(秒速約30万㎞)を照射して、正確な距離を測る実験が行われたことがあったが、この実験に当て嵌めると、どうなるのか? と聞いたのである。

だが、誰も、答えてくれなかった…。

ちなみに、質量の有ることが実験的に確認されたというニュートリノが、筑波から約250km離れたカミオカンデまで到達するのに、およそ1000分の1秒かかるそうだが、それが確かだとすると、秒速約25万kmで、光速の約83%ということになる。

さて、この場合、相対性理論的に、時間は、どうなるのか?

〔注〕 上記は、下記サイト(URL)から転載し、加筆したもの。
「随 想 録」
http://www1.odn.ne.jp/~cak23720/essay-page.html


追記;「交換価値と労働価値説」のところでも述べましたが、その理論(言説)自体に整合性があるか、さらに、その理論(言説)と現実(実験結果などを含む)に整合性はあるか、という少なくとも二つの観点から、物事を見るべきでしょう。相対性理論には、その理論自体の整合性と、理論と現実との整合性の、双方に問題があると思わざるを得ません。

超新星爆発時に放出される、ニュートリノの速度は、ほぼ光速
http://sasaki01.blog38.fc2.com/blog-entry-75.html
科学・技術 | コメント:30 | トラックバック:0 |

謹賀新年

明けまして、おめでとうございます。
善い年になることを、願っています。
その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。