エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『共産主義黒書』

『共産主義黒書<ソ連篇>』、ステファヌ・クルトワ&ニコラ・ヴェルト=著、外川継男=訳、恵雅堂出版。これは、是非、読んで頂きたい良書である。秘密にされていた、旧ソ連の資料を基に書かれた、社会主義国家の悪事の数々。

個人財産の没収(雀の涙ほどであろうが)、強制移住、強制労働、政策としての農民および少数民族への飢餓(結果として数百万におよぶ餓死者)、小規模事業者・個人事業主の、大粛清・銃殺・虐殺などなど…。
抵抗した人々の多くが(社会主義政権に対して幾つもの一揆が起きている)、商取引の自由を望んでいた事実は重い。
市場経済を否定すると、結果として、悲惨な末路に至るということであろう。

下記は、先に紹介した、『共産主義黒書<ソ連篇>』、12pからの抜粋。

  --ソ連                 死者二〇〇〇万
  --中国                  死者六五〇〇万
  --ヴェトナム              死者一〇〇万
  --北朝鮮                 死者二〇〇万
  --カンボジア              死者二〇〇万
  --東欧                   死者一〇〇万
  --ラテンアメリカ            死者一五万
  --アフリカ                死者一七〇万
  --アフガニスタン            死者一五〇万
  --国際共産主義運動と、政権についていない共産党
                         死者約一万
  殺された合計は一億人に近い。

さらに下記は、マルクス &エンゲルス=著、『共産党宣言』、大内兵衛&向坂逸郎=訳、岩波文庫より、抜粋。

「… 社会的生産諸力を奪取…」(54p)、「…破壊しなければならないものは、これまでのすべての私的安全や私的保障である」(54p)、「…内乱を追求…」(55p)、「…所有権への、…専制的干渉…」(68p)、「…土地所有を収奪…」(68p)、「…財産の没収」(69p)、「…労働強制…」(69p)、「…いっさいの社会秩序を…転覆…」(87p)。

同書を、読めば分かるように、共産主義とは、間違いなく、テロリズム思想そのものです。そこには、道徳性など存在しません。広辞苑によると、テロリズムとは、「暴力あるいは、その脅威に訴える傾向。暴力主義。テロ。恐怖政治。」などとあります。「すべての私的安全や私的保障」を「破壊しなければならない」と言い、「土地」の「収奪」、「財産の没収」、「労働強制」などは、百万人から一千万人単位での大虐殺者であるポル・ポトや毛沢東およびスターリンなどが、実際に、行ったことです。このような非人間的、かつ、非人道的な邪悪さは、恐怖政治思想である、共産主義そのものの本質なのです。もう何年も前から、ネット上で何度か述べていますが、ようするに共産主義とは、オウム真理教と同じ、絶対主義的な〝カルト宗教〟なのです。ちなみに、人文主義的な教養が欠落していると、カルト宗教信者になりやすいのかも知れません。

そして、ドストエフスキー=著、『悪霊(上・下)』、江川卓=訳、新潮文庫からの抜粋。

「前掲書(上)、6p」
  そこなる山べに、おびただしき豚の群れ、飼われ在りしかば、
  悪霊ども、その豚に入ることを許せと願えり。
  イエス許したもう。
  悪霊ども、人より出でて豚に入りたれば、その群れ、崖より湖に駆けくだりて溺る。
  牧者ども、起りしことを見るや、逃げ行きて町にも村にも告げたり。
  人びと、起りしことを見んとて、出でてイエスのもとに来たり、
  悪霊の離れし人の、衣服をつけ、心もたしかにて、
  イエスの足もとに座しおるを見て懼れあえり。
  悪霊に憑かれたる人の癒えしさまを見し者、これを彼らに告げたり。
                              ルカ福音書、第八章三二-三六節

「前同書、118p」
  「どうしてまた、あの熱狂的な社会主義者、共産主義者という連中が、
  その一方では揃いも揃って信じられないほどのけちん坊で、業つくばりで、
  私利私欲のかたまりなんですかね、しかも、その人間が社会主義者であればあるほど、
  その度が進めば進むほど、私利私欲の程度がひどくなっていくくらいだ…
  これはどうしてですかね? これも例の感傷癖から来るものなんだろうか?」

「前同書、144p」
  …問題の本質といいますか、その道徳的側面には全然ふれておられない、
  いや、それどころか、道徳性そのものをまったく否定されましてね、
  最終的なよき目的のためには全般的破壊あるのみという
  最新の原理を奉じておられるんです。
  ヨーロッパに健全な理性を確立するためには、
  一億以上の人間の首が必要だとまで主張されているほどでしてね…

「前掲書(下)、516p」
  それは「社会の基礎の系統的な震撼、社会とその全根幹の系統的な解体のためです。
  すべての人々の自信を喪失させ、全体を混沌状態におとしこみ、
  このようにしてぐらつきだし、病的に無気力化し、冷笑癖と不信心に取りつかれ、
  しかも同時になんらかの指導的思想や自己保存を際限もなく貪欲に求めている社会を、
  謀反の旗をかかげて一挙に手中に収めてしまうのです。そしてその拠りどころとなるのが、
  全国にくまなく広がっている五人組網で、彼らはこの間にもたえず行動して、
  新たな同志を獲得し、つけ入ることのできるあらゆる手段、
  あらゆる弱点を実践的に探求しているのです」。

ドストエフスキーの、『悪霊』から、120年以上が経ち、地球上で、共産主義者・社会主義者に殺された人間が、一億人に迫(せま)るというのは、如何に共産主義および社会主義のテロル(恐怖政治)が凄まじいかの証左である。

この世に、悪霊に憑かれし者が居るとすれば、それは、共産主義者・社会主義者として存在する。

追記 ; 『共産主義黒書<ソ連篇>』から、引用して紹介したように、マルクス主義(理論)の実践によって、一世紀足らずの間に、この地球上で、およそ、一億人もの人間が殺された。ここで、尊い人命を金銭に換算するのは、憚(はばか)られるが、仮に、一人、一億円として、一億人の人命の損害額は、総計、1000兆円の10倍の、一京(けい)円である。その他に、奪われた財産や、さらには強制労働に対する賠償なども加算するなら、たいへんな天文学的数字の金額になる。そのような、マルクス主義の学的な誤りを指摘し、それを広め、二度と、一億人もの人命と、その財産が奪われないようにできるなら、その学問的成果は、金銭に換算して、1000兆円の10倍以上、すなわち、一京(けい)円以上の価値を有することは、間違いないだろう。おそらく、これほど、世のため、人のためになる業績など、他には、存在し得ないのではないかとも思える。また逆に、マルクス主義そのものが学的に全くの誤りであることが、世界一般に広まらないということは、同じ過ちを、この地球上で繰り返すことにも成りかねない。ようするに、それは、さらに億単位の、尊い人命が奪われる可能性が高まるということである。
スポンサーサイト
映画・書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。