エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

安倍首相、靖国神社参拝

安倍首相が、靖国神社を、参拝しました。

あれこれと、批判する輩(やから)も居るようですが、まったく問題ありません。私は支持します。そもそも、中国や韓国の批判は、内政干渉であり、日本国憲法、第二十条には、「信教の自由は、何人に対しても、これを保障する」とあります。何人に対してもですから、当然、首相に対しても認められなければならないものであり、実際、小泉首相の靖国神社参拝における裁判では、最高裁判決は、合憲でした。

また、信教の自由は、基本的な人権の一つであり、それを否定するような言動こそ、本来、非難されて当然なのです。今の中国には、信教の自由が無く、共産主義の信奉者以外には、時に、強制収容所送りという過酷な運命が待ち受けているそうです。そのような、ナチスの如き中国の、言い掛かりに、屈するべきではありません。安倍首相は、先頭に立って、自由を守らなければならないのです。
スポンサーサイト

政治・経済 | トラックバック:0 |

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。