エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

読書

読書するにも、気力とでも言うべきものが必要だと思われる。今は、サルトルの『存在と無』や、ヘーゲルの『精神現象学』などを読んでいる途中だが、最近、ほとんど読み進められない。他にも、読まなければならないと思っている本が数冊ほど有るのだが、いつになったら読み終えることができるのやら…。気力が充実しているような時は、暇が有れば、ずっと本を読んでいても何ともないのだが、最近は、読んでいると、すぐ疲れてしまう。困ったものだ。
スポンサーサイト

その他 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<姉妹ブログ | HOME | 「知財立国」つづき>>

この記事のコメント

すごくわかります。
僕は気力で読破するよりは、時間がある時に染み込ませたいです。
でも時間が開くと読みなおさなければいけないw。
人間って本当に面白いですね。
2006-01-15 Sun 04:39 | URL | mura #-[ 編集]

「時間がある時に染み込ませたい」というのも、よくわかります。本の内容を、じっくりと咀嚼したいものです。
2006-01-15 Sun 09:16 | URL | 佐々木 寛 #-[ 編集]
あー、これホントそうです。これが「年」って言うんでしょうか。私も最近つくづくそう思ってます。
気がつくと、文字だけ追っていて頭に全然入ってないんですよ、文章が。
長い文章だと頭の中で構築すらできない。
それと視力が落ちまして、昔なら文字を見た瞬間に読んでいた「文字」が、見ようとしなければ文字にならない。
読もうと思って買ったままほかってある本の、いかに多いことか…orz
最近私の目は、パソ仕様になってしまったようです。(x_x)
2006-06-03 Sat 10:00 | URL | 紫猫 #L8AeYI2M[ 編集]
「これが「年」って言うんでしょうか。私も最近つくづくそう思ってます。」(紫猫さん)

まさに、「年」でしょう…(笑)。
2007-02-17 Sat 23:03 | URL | 佐々木 寛 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。