エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

紹介

出たばかりの本の紹介です。値段が高く、買うのを迷っていましたが、本日、買おうと思い本屋に行ったところ、残念ながら売り切れていました。以前、目次などを見た限りでは、中国における文革時の大虐殺が、詳細に記述されているようでした。史料として、かなり重要に思えます。

『毛沢東の文革大虐殺』(ISBN 4-562-03978-7)
http://www.bk1.co.jp/product/2634107

もうひとつ、こちらは記事の紹介です(大紀元サイトより転載、下記URL参照のこと)。

欧州議員理事会:共産体制の犯罪に関する報告書を通過

【大紀元日本12月29日】
欧州議会における議員理事会の政治事務委員会(the Political Affairs Committee of the Council of Europe Parliamentary Assembly)は12月14日、フランスのパリで会議を開き、「共産体制の罪状を非難する必要性」と題する報告書が通過された。
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/12/print/prt_d47636.html
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<記事紹介つづき | HOME | モーツァルト生誕250周年に、ちなんで>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。