エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

公務員制度改革

これから日本が、より経済発展するための施策として、財政再建と構造改革の推進は、最重要課題です。そして、その財政再建および構造改革の一環としての、公務員制度改革は必須でしょう。効率的な政府でなければ、国家財政が破綻します。

下記資料によると、日本の公務員の給与は、ドル換算で、イギリスやフランスおよびドイツなどの公務員の、2倍以上になっています。日本総研というシンクタンクの、藤井英彦氏のレポートです(下記、URL参照のこと)。

「小さくて効率的な政府の実現に向けて」
http://www.jri.co.jp/JRR/2005/10/op-gov.html

もう一つ、21世紀政策研究所というシンクタンクの、田中直毅氏のレポートです(下記、URL参照のこと)。

「財政再建論議に不可欠 既得権化している公務員の給与制度」
http://www.21ppi.org/japanese/message/200503/050314.html
スポンサーサイト

政治・経済 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【近・現代の歴史的事実】 | HOME | 中国共産党政権下で行われたことなど>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。