エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『中国はいかにチベットを侵略したか』

 第二次世界大戦後に行われた、中国共産党政権による、チベットへの軍事侵略。刻一刻と着実に侵略の準備を進める中国軍に対して、国として組織的に防衛力を整備しない、チベットという構図が対照的である。仏教国であるチベットの寺院は、中国軍によって大半が破壊され、多くの僧侶や庶民も虐殺される。虐殺を繰り広げる残虐な中国軍に対して、チベット人が自衛のため果敢に戦う姿は、勇ましくもあるのだが、あまりの軍事力の差に祖国チベットを奪われてしまう(奪われた広大なチベットの領土は、日本の国土の数倍に及ぶ)。なぜチベットは、中国に侵略される前に、防衛力を整備できなかったのか…。国家と国民の安全保障の問題を考える時、必読の書だと思う。実際、原子力潜水艦で日本の領海を侵犯する侵略的な中国軍の存在は、日本にとっても脅威以外の何ものでもないのだから…。

 下記は、『中国はいかにチベットを侵略したか』、マイケル・ダナム=著、山際素男=訳、講談社インターナショナル、2006年の、本文からの抜粋引用。

 …何百年も孤高を享(たのし)んできたチベットだったが、戦力なしでは国を保てないことにようやく気づいたのである。かくてチベットは世界に門戸を開き、新時代を迎え入れる準備を始めた。諸法規も改革されていった。
 ラサの三大僧院、デプン、セラ、ガンデンに代表される古い伝統的仏教界はこの改革に狼狽した。仏への冒瀆とまではいわぬまでも、世俗の軍隊を強化するなどとんでもない。非暴力をむねとする仏教の原理とは相容れないものであると猛然と反対した。
 しかしよく見てみると、そこには彼らなりの世俗的計算が働いていたのである。たとえば、新軍隊の維持費として僧院にも課税されることになった。またそれまでの、僧院の私兵である戦士僧侶を中心とする院内警察力の存在が新軍隊によって脅かされるのを恐れたのだ。
 何やかやと度重なる僧院側の圧力でダライ・ラマ十三世は嫌気がさしてしまい、一九二四年にせっかくの軍の近代化を断念してしまった。おかげでチベットは高い代償を払うことになる。(48pより)

 チャムドから緊急の無線がラサ内閣に届いていたが、高級官僚たちも含む五日間のピクニックが催されており、彼らは何の手も打たず催しをつづけていた。しかも驚いたことに、中共軍(引用者注・中国共産党軍)の侵略についてインドその他の通信機関にもまったく通報していなかったのである。国際社会に警告を発することにより、チベット国内が混乱するのをより恐れたとしか思えない。さらに中共軍が中央チベットに侵入してこない限り、東チベットの同胞がどうなろうと構ったことではなかったのだ。しかしそれ以上に政府閣僚の臆病さが問題であった。外国に助けを求めているのが中共軍に知れたら、毛沢東はそれを口実に一気にチベット政府を押し潰しにかかるだろう。理由はともあれ、ラサの貴族階級政府の利己主義が己の運命を決めてしまったといえる。(66p~67pより)

 一九五八年初め、中共は東チベットだけで十五万の兵力を展開させていた。一九五六年に開始された〝改革〟は遊牧民の間にも波及し、抵抗を拡大させていた。「アムドの遊牧民地帯では、男のほとんどは逃亡するか捕らえられるか殺されるかで姿を消してしまった。モンゴル族たちはほとんど皆殺しにされた」(「チベットネーション」紙)
 ココノル湖に近いある地区では、千人以上の僧侶が僧院の庭で一斉射撃によって虐殺された。僧院の大半は財宝を略奪され、破壊され、残った材木、石材は中国本土からの移民の住居に充てられた。アムド族は強制労働に送り込まれ、その三分の二は死んでしまった。最も悲劇的だったのは、祖国奉仕(引用者注・傍点を下線に変更)という名の強制労働に両親が集中できるよう、何千人という子供たちがトラックに積み込まれて連れ去られ、それを阻止しようとした母親たちが近くの河に投げ込まれていったことだ。五十ヵ国でなるジュネーブ人権調査委員会は、約一万五千人の児童がこうして拉致され、行方不明になったと報告している。(164p~165pより)

 それからというもの、そうした虐殺行為は日常的になってしまったのです。思えば、一九三二年八月、ダライ・ラマ十三世はすでにこのことを予言していました。〝遠からずチベットは崩壊するだろう。ダライ・ラマもパンチェン・ラマも父も息子も、聖職者たちも消えてしまい忘れられてしまうであろう。僧侶も僧院もことごとく消滅し、国土も政府の財産も取り上げられ、敵に仕えるか、さもなくば物乞いの如く世界を流離(さすら)うことになろう。すべてのものは苦悩の底に沈み、恐怖に戦(おのの)き、昼も夜も不幸な影を引いてゆかねばならぬだろう〟(40pより)
スポンサーサイト

映画・書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「財政問題ノート」(私自身の他のサイトから転載、修正あり) | HOME | 【近・現代の歴史的事実】>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。