エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アメリカの人種問題

 おそらく、アメリカ国内における人種問題は、今なお未解決の問題であろう。欧米の白人が、何世紀にもわたり、黒人を奴隷とし、売買してきた歴史上の汚点が、今もなお、尾を引いているのは、確かである。

 だからこそ、最近、過去の奴隷制や先住民迫害に対して、いくつかの州議会では謝罪決議が行われ、さらには連邦議会でも、同じような反省の動きが出はじめている。

 そして、希望はある。黒人と白人の混血である、バラク・オバマ議員が、アメリカ大統領候補として立候補し、かつ有望な存在として、認められつつある(下記サイト参照のこと)。

BARACK OBAMA 2004
http://www.geocities.jp/metropoleclub/p/obama.html
スポンサーサイト

歴史・社会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『中国思想のフランス西漸』 | HOME | 伊藤一長・長崎市長>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。