エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

戦争を宣言、中国が、ダライ・ラマ支持派との…。

「群衆に装甲車突入」…ラサ住民
(2008年3月16日03時37分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080316-OYT1T00024.htm

チベット:抗議デモと軍の衝突で80人以上の死者
【大紀元日本 3月15日】
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d33805.html

再送:チベット暴動、中国はダライ・ラマ派との「人民戦争」を宣言
[北京 16日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-30846720080317

チベット・ラサで数百人拘束 デモ、各地で拡大
「中日新聞 2008年3月17日 夕刊」
http://www.chunichi.co.jp/article/world/news/CK2008031702096136.html

たいへんな事件ですが、報道は、現在進行形でチベットの侵略と植民地化を実行している中国側により、制限されているとの事。早急に、国際機関による調査が必要でしょう。

また、下記サイトには、中国の保安隊に射殺されたという、チベット人犠牲者の写真も掲載されています。

Tibetan Centre for Human Rights and Democracy(チベット人権民主化センター)
http://www.tchrd.org/

チベットに、自由を!
スポンサーサイト

その他 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<チベットに、自由を! | HOME | 民主主義の根幹の危機>>

この記事のコメント

中国が、チベット人をジェノサイドしているという告発は、アムネスティ等に依っても為されていますが、日本が、アイヌをジェノサイドしているという事実は、そもそも存在しません。
2008-06-21 Sat 11:32 | URL | 佐々木 寛 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。