エッセー哲学的 / 佐々木 寛


哲学に関わる、試論および小論、さらには、色々な時事問題や、身近な問題などについても、自由に書いてみたいと思っています。なお、コメントは、リンクにある掲示板へ、どうぞ。ただし、悪戯と思えるコメントは、削除します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

隷従こそ、本質的な、自由の危機

最近、中国は、チベット問題に絡み、フランスを恫喝したが、かなり本気で、中国共産党政権は、世界的な覇権を狙っているのではないかと思える。そして、日本、ヨーロッパ、アメリカなどの、自由主義陣営諸国が、由々しきことに、中国共産党政権の政治的な言動に、隷従させられている面も、少なからず見られる。隷従こそ、本質的な、自由の危機である。

中国への旅客機納入延期 エアバス、チベット問題で
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/199604/
スポンサーサイト

政治・経済 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チベット動乱から50年 | HOME | ポル・ポト派の裁判>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。